So-net無料ブログ作成
ACTION! ブログトップ

わくわく伝染ツアー2009 広島(前夜) [ACTION!]

 明日は朝も早よから 広島弾丸ツアーに出かけます。

 和田裕美氏の わくわく伝染ツアー2009広島、に行ってきます。

 わくわく伝染ツアーとは何ぞや? と問われると 僕もよく知らなくて困るのですがw
 ビジネス書の著者、和田裕美氏の セミナーかライブのようなもの、らしいです。
 僕は 他の人のセミナーDVDを 見た事ある程度で、実際にセミナーの類に参加した事は 今までありません。
 著書は数冊ほど 読んだことあるし ポッドキャストも聞いているし・・・たまたま追加公演の告知を見て。申し込みは2月頃だったかしら・・・オッサンの給料では現実的には大変な金額だし、参加しようかどうしようか迷ったのだけど 思い切って参加してみる事にしました。

201006251925000.jpg

 甘ったれなのは承知してるのだけど オッサンはどうしても 人が苦手だし、人と会ったり話したりするのが怖い欠陥品なのです。いつから こうなっちゃったのかは わかんないんだけど。
 人をがっかりさせ続けて35年。
 自分を変えなくては。との 思いがあってブログをはじめて 知り合った人達がいて 悲喜こもごもがあって 確かに変わってきたところもあるのだけれど。。。やはり 根底が。

 別に 人と喋れるようになるセミナーとか 人が好きになるセミナー、というワケでもないみたいなのですが。
 今 足りないのは 枝葉ではなく、種のようなものだと思います。

 スイングバイしたい。
 自分を変えなくては、と思った日のように。
 まぁ、どんなセミナーだか まだわかんないんだけどw
 そういう セミナーの類が嫌いな人には 気持ち悪くてスミマセン。
 しかし、僅かでもチャンスを掴みたいと思います。

 申し込みは2月だったのだけど 公演日が、ちょうど気分の落ち込んでいる今時でヨカッタw

また行ってきたw 今度は南岳ルート下山 [ACTION!]

 ええ、毎度 熱しやすく冷めやすい行動パターンでスミマセン。
 また 英彦山w
 というのは 5月中に また登るつもりだったのですけれど、月末は予定があって どうも登れなさそうなので 連休の間に行ってきました。
 前回から 一週間後だし、脚力鍛えるには いいかもしれん。

hikosan1000.gif
↑同じルートだったもので 他人様のサイトから 勝手に拝借。スミマセンOTZ

 登りのルートは 前回と一緒。
 無料の別所駐車場に車を停めて 参道ルートへ。奉幣殿から 下宮、中津宮、英彦山神社上宮まで。
 もうね、すげー楽。座り込まなかったし。
 脚は痛いけれども、前回のしんどさが嘘のようです。こまめに来れば 良いトレーニングになるかもね。
 で、前回と同じルートで下っても つまんないし、帰りは南岳ルートで帰る事にしました。

 まずは中岳(神社上宮)から 南岳へ。
201005031350000.jpg
 正確には ここが英彦山の一番高いポイントらしいです。
 南岳には 休憩所みたいのがあるのですが、ジュゥジュゥ音がするので 覗いてみますと、山岳カップルが コッヘルで幕営料理を楽しんでおりました。。。なんや めちゃくちゃ楽しんでるやーん!! ウラヤマシイ。
 そうかー。登山者のリュックには ああいうものが入ってるんやね。
 オッサンは ちょっと外れたベンチで 一人べんとう。
201005031357000.jpg
↑相変わらずペチャンコになって芸がないOTZ 今度はおにぎりにしたろ。

 ベンチからは 中岳の神社上宮が見えました。
201005031353000.jpg

 飯は食ったし さっさと降りよう。
 と 進んだのは良いのですが、さすが 参道ルートから外れているだけあって 明らかに道が険しい。人が少ないw
201005031422000.jpg
201005031419000.jpg
↑枝に隠れちゃってるけれど 一面の岩、鎖場の連続。不安そうに下る 若いご家族、大丈夫やったでしょうか。

 景色は良いけれどね。
201005031424000.jpg
↑なんて山なのか わかんないけれど。

 そんなこんなで 材木岩までとうちゃーく。
201005031437000.jpg
201005031436001.jpg
 このあたりは 岩場だらけ。

 写真じゃ雰囲気わからんけど 45度勾配くらいの坂を 狭い足場の岩を頼りに下っていきます。
 参道ルートよりも 距離はある筈なのに なんでこんなに急勾配なのか。。。
201005031438000.jpg

 もうちょっと下ると 鬼杉 が出てくるハズ。。。と思いながら 進んでおりますと、年配の方がカメラを取り出して、木の写真を撮りはじめましたので これかなぁ?と マネして撮ってみました。
201005031448000.jpg

 煙草持ってないので 五百円硬貨と比較してみました。
五百円.jpg
 確かにデカイけれど 言うほどでもないし、そこらじゅうに これくらいの木は生えてるけどなぁ・・・??? と思っておりましたら もう少し進んだところに鬼杉がありましたOTZ
 まったく違う木に五百円硬貨までひっかけて 何の写真撮ってんですか、わたしゃw

201005031451000.jpg
201005031504000.jpg
 これは凄いデカイ。立派だ。
 ロープが張ってあって、五百円どころか 触れることもできません。
201005031505000.jpg
201005031508000.jpg
201005031508001.jpg
 ベンチがあって しばし休憩。沢の音も良い感じ。


 あんまりのんびりすると 帰りつかないので そろそろ帰ります。
 が、ここからも大変でした。
 登ったり降りたり。鎖場ならぬロープ場があったり。
 もう、ちょっとでも登るのはイヤー。と思っても ここでヘバっても どうにもならない。誰も居ない所に居るので しょうがない。
201005031545000.jpg
 沢の水は綺麗。

201005031600001.jpg
 玉屋神社までとうちゃく。
 えー、まだ歩かなきゃいけませんかOTZ
 もう帰りたいのだけど 帰るためには、まだまだ歩かなくてはいけません。
201005031600000.jpg
201005031603000.jpg
 岩から染み出ている ご霊水をいただきました。
 苔の味? ミネラルの味? よくわかりませんが、霊水ってのは 天然ミネラルって事なのかしら。

 さて もう4時過ぎだ。 いくら登山道とはいえ暗くなると帰れるか不安です。
201005031552000.jpg
201005031551000.jpg
201005031546000.jpg
↑なんか 鶴みたいな植物がちらほら咲いておった。

 ところで 英彦山には 新旧数々の配管が施設されてあるのですけれど 誰が施工したのかしら。。。と 思うとゾッとしましたOTZ
 社務所やらトイレの手洗い水はご霊水???
panelimg.jpg
↑お馴染み塩ビ管、鋳鉄管、ポリパイ、たぶん陶管。鉄管は溶接ですかw 塩ビは炙らないで ベンド管使ってるあたりがねー。山中では ガストーチ作業が厳禁なんでしょうか。どうでも良い話 スミマセン。


201005031648000.jpg

 奉幣殿が見えてキター。ほっと一息。
 5時には なんとか(奉幣殿まで)帰り着きましたとさ。
 クタクタでしたwww
 でも またきっと 登ります。

英彦山 登頂 [ACTION!]

 そんなワケで ちょっくら気が向いて 英彦山 行ってきました。
 てのは 恥ずかしながら、ジョギングの習慣が途切れちゃって なんとか再起動すべくACTION!したかったのと、山頂の上宮にお参りしたかったからです。
 あと ワリと近場だしw
 
 英彦山の由緒は 色々あって面白いので 気になった方は調べてくれれば良いのですけれど、英彦山1200メートルの山頂に 英彦山神宮の本社「上宮」があるのですね。
 そこにお参りしたいと思います。

 近くの無料駐車場から歩くこと数分。なっがーい参道(の途中から)登りまして
201004251557000.jpg

 奉幣殿に到着!
201004251556000.jpg

 ここでお守りとか売っていたのですけれど、荷物を減らす為に 小銭入れしか持ってなかったので 断念OTZ
 長い階段で 既に足がぷるぷるしておりました。こんなに足腰の筋肉が落ちているとは 思いもよりませんでした。
 
 ここから 上宮へは2.2キロの山道。本当に登れるか 不安もありましたが 折角来たので行けるトコまで 登ってみる事にしました。
 まずは 奉幣殿で参拝(お賽銭は入れました)。無事登れますように。遭難しませんように。

 奉幣殿から ちょっと登って下宮へ。
 本当にちょっとなんだけど 実はもうヘトヘトですOTZ
201004251532000.jpg
201004251152000.jpg
 ↑下宮から奉幣殿を眺める。本当に ちょっと登っただけw ここからいよいよ山道です。

201004251526000.jpg

 ま、山道とは言っても 道なき道でもなく(登山未経験者がそんなトコいく訳ないw) なんか小学生が登って行ったり 降りてきたりしています。
 すれ違った小学生に 「がんばってくださーい」と言われても 既に息は切れて、心臓の鼓動はドキドキ強く、鼻水は垂れてくるわ、ふくらはぎは硬く感じるわで言葉も返せずw 己の不摂生を呪いながら 上がらぬ足を上げ、休み休み登っていきました。
 一番簡単なルートのハズなんですがOTZ

201004251515000.jpg
 最初は 登りの勾配もキツくて ↑こういう 石を並べた階段状の道なので とても足が疲れます。

201004251531000.jpg

201004251219000.jpg
 でも それも 500~600メートル進んだところまで。後はそんな大変でもないです。
 ここまでは 本当に 何度座り込んで休憩したかわかりません。トホホ。

201004251458000.jpg
 ちょっと アスレチックなポイントあり。

201004251225000.jpg
201004251452000.jpg
 中宮まで到着! 英彦山の五合目です。

 ジョギングしていてもそうなんですけれど、こういう所を黙々と登っておりますと フツフツと湧き上がってくるのは 前向きな己の反省ばかり也。
 無心の奥底にこそ神が居るのだと思います。
 古代から 山が信仰の対象となったのは、様々な恵みのせいもあるのでしょうが こういう点にもあるのかなぁ、と思いました。

201004251432000.jpg
 しかし なんで人ってば 石があると 積みたがるのでしょうw
 まぁ 理由とか どうでもいいんですけれど。

201004251423000.jpg
 ムスビ神社。もうひといきです。

201004251418000.jpg
 ホラ、美しき上宮が見えてきましたよ。もう楽チンです。

 201004251353001.jpg
 あんま 美しくなかったですねw 指も写っちゃてるし・。・
 写真に見える、奥の入り口から入って 参拝するようです。

201004251354000.jpg
 無事 登頂できて ありがとうございました。
 男性は勿論、年配の方、子供、若いお嬢さん、みのもんたの言うお嬢さんも いろんな人が登ってきていました。
 
201004251358000.jpg
 こんな山頂に売店がある、というのが凄い話ですが、実際 売店は無かったw

201004251353000.jpg
 
 最初の疲れもどこへやら。
 良いトコだったなぁ 英彦山。きっとまた登ると思います。

 ただ 殆どの方が ちゃんとした登山ルックで。
 一応 僕も、ジョギング用シューズとソックス、NIKEの10kmジョギングイベントの時に貰ったシャツ、パイロット用の手袋なんかは持っていってたのですが トータルでは近所に酒を買いに行くようなカッコで とっても恥ずかしかったですOTZ ナメてんのかテメー。

 帰りは 写真を撮りながらゆっくり帰りました。
 どれもこれも キャプションつけられるけれど ウザイやろうしw
panelimg.jpg
↑クリックすると デカく見えます。

201004251535000.jpg
 奉幣殿に降りてキター。

201004251551000.jpg
 奉幣殿の御神水。龍の二日酔いにも見えますがw ペットボトルに汲ませていただきました。

 毎度 長々とスミマセンw
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ACTION! ブログトップ